忍者ブログ
いろいろな雑学情報をお届けします。あなたの知らないライフスタイルがあるかも♪
| Admin | Res |
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まぶたは、目を開ける筋肉が枝分かれをすると二重になります。奥二重とは、この枝分かれをした部分が、まぶたの奥に隠れてしまっている状態をいい、日本人に多いタイプです。二重の部分が、まぶたの奥に隠れているこのタイプの目は、二重の幅が狭かったり、まぶたの脂肪が多いなどの理由で、一重に見えやすいものです。

しかし、どんな形のまぶたでも、ただ単に、二重まぶたになれば良いという訳ではありません。一人一人、それぞれ目の大きさや形などが違いますし、なにより個性があるのですから、顔全体のバランス等を考えて、その人にいちばん似合った、自然なラインのまぶたにならなければ、意味がありません。

二重にしたいと思うけど、あまり印象を変えたくない場合は、埋没法で奥二重に近い末広型の二重を作ると良いと思います。埋没法は、形や幅を自由にでき、なにより手術したことがまったく分からない程、自然な仕上がりが最大の特長です。これは、メスを使わないいわゆる「プチ整形」と呼ばれ、まず点眼麻酔を行ない、それから局所麻酔を行ないますので、痛みの心配はありません。

まぶたの裏から、髪の毛よりも細い特殊な糸をかけ、二重のラインを固定し、糸はまぶたの中に埋め込んでおきます。術後もほとんど腫れもなく、1週間ほどで自然な感じになり、傷も残りません。また、気に入らない場合には、元に戻すことができるのも、この方法の特徴です。急に二重になることに違和感を感じる人は、まずは奥二重にして、徐々に二重に拡大することも可能です。

コスメ関連サイト
ロクシタンローズ
美肌サプリメント
ローズサプリメント
にきびと洗顔
ワキガ 原因


【PR】ブランド通販
グッチ | ルイヴィトン | miumiu

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    Photo by Vacant lot?    Template by Temp* factory
Copyright (c)気になる情報ナビ All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]