忍者ブログ
いろいろな雑学情報をお届けします。あなたの知らないライフスタイルがあるかも♪
| Admin | Res |
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外国為替証拠金取引(FX)で忘れがちなのが、税金についての知識です。税金の支払いについては、押さえていないと大きな問題を引き起こします。特にむずかしい問題ではありません。外国為替証拠金取引(FX)によって得た利益(為替差益、スワップ金利)がありますね。得た利益に一定の割合で税金がかかります。では、どのように税金がかかるのでしょうか。

現在、日本の税制は、総合課税と分離課税方式があります。外国為替証拠金取引(FX)の利益は、雑所得に該当し、東京金融先物取引所から購入した場合(くりっく365)は、申告分離課税に該当し一律20%の税金がかかります。その他からの購入した場合は、その他の所得と合算され、超過累進税率(15%から50%)によって税率が決まります。

税率以外にも、それぞれ特徴があります。申告分離課税の場合は、一律20%税金が取られますが、3年間の範囲内で損失の繰越が合算できますし、他の商品とも通算可能です。総合課税の場合は、損失や他の商品と通算はできませんが、1年間の利益が20万円に満たない場合は、申告する義務はありません。但し給与所得者で2000万円以上の年収がある人は例外です。

また、それ以外に注意することは利益の確定です。スワップ金利は毎日利益が出ますが、取扱い業者によって、毎日利益とみなす場合と、その都度繰り越して、売ったときに利益としてみなす場合とありますので、これにより、利益が異なってきますので、自分の戦略によって取扱い業者を選ぶことも大切になります。


PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    Photo by Vacant lot?    Template by Temp* factory
Copyright (c)気になる情報ナビ All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]