忍者ブログ
いろいろな雑学情報をお届けします。あなたの知らないライフスタイルがあるかも♪
| Admin | Res |
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワキガとは汗腺のアポクリン腺から汗が分泌され、脇などから臭いが発するもので、運動した時にかく酸っぱい汗の臭いとは違う特徴のある臭いがします。ワキガの原因はアポクリン腺からの汗が皮脂腺やエクリン腺からの汗と混ざり、それが雑菌で分解されてワキガとなります。脇毛が汗などを留めることにより、臭いが出やすくしています。

ワキガの治療法はどんなものがあるのでしょう。1.薬物治療。制汗剤を使った治療法です。制汗剤は、殺菌作用があるため、雑菌を殺し、ワキガの臭いの発生が軽減します。ワキガのそんなにひどくない人は制汗剤による薬物治療で間に合います。2.脇毛の処理。脇毛を処理をすることで、汗などが脇毛に留めるのを防ぐためワキガが軽くなります。制汗剤と脇毛の処理を同時に行うことで効果が大きくなります。

3.皮下組織吸引法。ほんの小さい穴を脇に開けて、その穴から細い管を挿入し、汗腺類を吸い取る方法です。入院する必要もなく、ワキガや多汗症の手術として現在の主流です。ただし、強度のワキガの人には、この吸引法は効果が弱い場合があります。4.超音波法。脇の皮膚を数ミリ開いて、そこから超音波発生器を入れて行う治療方法です。現在、最先端の治療法です。ワキガの治療効果に優れているとされていますが技術の問われる手術ですので信頼できる医師を見つけることが重要です。最先端医療のために、まだこの治療設備が整っている病院が大変少ない状況です。

ワキガのクリニックを選ぶ時のポイントを紹介します。1.確実に効果があって、再発しないか。効果が一時的では手術をしても意味がありません。2.大きな手術痕が残らないか。ワキガがなくなっても、大きな傷あとが残ったりしては問題です。3.痛みが少ないか。できるだけ痛みが少ない方法を選びましょう。4.後遺症の心配がないか。手術後、後遺症に悩まされては大問題です。ワキガは焦る必要はありません。自分で実際に足を運び、信頼できるクリニックを探しましょう。
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    Photo by Vacant lot?    Template by Temp* factory
Copyright (c)気になる情報ナビ All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]